スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

上野は満開/桜とタナトス

エル・グレコ展の看板

エル・グレコを観に、上野に行ってきました。
でも、日本の美術館って、撮影禁止なんですよね。
これだけ西洋カブレが多い割には、何年たっても変わらないのが不思議…。
ま、ストロボがバチバチ光るよりいいか?!
(でも、あの「音声案内」が普及してから、マナーが悪くなったと思いません?)

だから、エル・グレコ関係の写真はここまで。

都美術館のエル・グレコ

それにしても、予想以上。
「一度見上げたら、忘れられない」というキャッチフレーズ通り、すごい迫力に圧倒されました。

イエス様やマリア様を見上げていると、信仰心のかけらもないタカ爺の頭の中にも、不思議なことにいつしか祈りの言葉がこだましているのでした。
「神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、我らをあわれみたまえ」
信じてもらえないかもしれないけど、ホントに聞こえてたんです。ず~っと。

どうしようもない罪人の自分ですら、もしかしたら救っていただけるのかも・・・?!
希望の光がかすかに見えたような、不思議な感動がありました。

それはともかく、(え?そんなに簡単に話題変えるわけ?)
上野のお山は春の陽射しに包まれて、暑いくらい。

噴水から博物館を望む

そして、振り向けばお花見の大群衆。

上野の桜1301

英語やフランス語、中国語、それにどこの言葉か分からない異国の言葉が飛び交って、世界中の人たちがお花見に来たような感じです。

上野の花見1302

平和って、こういうことなのかもしれません。

上野の花見1304

また、ここにも「プチ天国」

上野の花見1305

「あ、飛行機雲!」

上野の枝垂桜

「あのこの命は、飛行機雲~♪」(ユーミンのつもり)な~んてね。

気がつけば、そもそも、上野のお山は「霊場」なのでした。

観音堂と枝垂桜

江戸時代、山全体が東叡山寛永寺の境内だったことは有名ですが、それだけではありません。
明治維新の時にはここが戦場となり、たくさんの血が流れたのです。
いわゆる「上野戦争」です。

これは、そのとき散った彰義隊の慰霊碑です。

彰義隊慰霊碑


坂口安吾さんではありませんが、ひょっとすると、その時流されたたくさんの血が、これだけの桜をみごとに咲かせている。…のかもしれません。
(安吾さんによれば、東京大空襲の犠牲者も上野のお山で火葬されたとか)
タナトス(死の本能)の存在は、エロス(性と生の本能)を一層輝かせるのです。

上野の桜は満開だ

明治という新しい時代も、たくさんの犠牲者たちを「祟り神」として祀ることで、平和と繁栄を祈ったのでしょう。
(梅原猛先生の『隠された十字架』の受け売りというか、勝手な応用です)


そういえば、このお方も、近代化の犠牲者と言えるかもしれません。

上野の西郷さん

西郷さんも、彰義隊も、新撰組も、白虎隊も、旧き善き「Last Samurai」たちはみな祀られ、今や「守り神」として日本の春を見守っているのではないでしょうか。

そういえば、上野の花見客って、あれだけたくさん繰り出して酒をかっくらっている割には、「事故」が少ないと思いません?
これはきっと、英霊たちが見守っているんですよ。花の陰から。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

タカじいさん

Author:タカじいさん
富田 隆(トミタ タカシ)64歳

出身地:東京の青山
居住地:多摩センターのあたり
趣味:謎を解くこと・美しいものに溺れること

東京稲城市の駒沢女子大学で心理学やってます。
テレビや雑誌などにも顔を出します。

【駒沢女子大】【浅井企画】へのリンク(あちら →→)

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。