上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
エル・グレコ展の看板

エル・グレコを観に、上野に行ってきました。
でも、日本の美術館って、撮影禁止なんですよね。
これだけ西洋カブレが多い割には、何年たっても変わらないのが不思議…。
ま、ストロボがバチバチ光るよりいいか?!
(でも、あの「音声案内」が普及してから、マナーが悪くなったと思いません?)

だから、エル・グレコ関係の写真はここまで。

都美術館のエル・グレコ

それにしても、予想以上。
「一度見上げたら、忘れられない」というキャッチフレーズ通り、すごい迫力に圧倒されました。

イエス様やマリア様を見上げていると、信仰心のかけらもないタカ爺の頭の中にも、不思議なことにいつしか祈りの言葉がこだましているのでした。
「神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、我らをあわれみたまえ」
信じてもらえないかもしれないけど、ホントに聞こえてたんです。ず~っと。

どうしようもない罪人の自分ですら、もしかしたら救っていただけるのかも・・・?!
希望の光がかすかに見えたような、不思議な感動がありました。

それはともかく、(え?そんなに簡単に話題変えるわけ?)
上野のお山は春の陽射しに包まれて、暑いくらい。

噴水から博物館を望む

そして、振り向けばお花見の大群衆。

上野の桜1301

英語やフランス語、中国語、それにどこの言葉か分からない異国の言葉が飛び交って、世界中の人たちがお花見に来たような感じです。

上野の花見1302

平和って、こういうことなのかもしれません。

上野の花見1304

また、ここにも「プチ天国」

上野の花見1305

「あ、飛行機雲!」

上野の枝垂桜

「あのこの命は、飛行機雲~♪」(ユーミンのつもり)な~んてね。

気がつけば、そもそも、上野のお山は「霊場」なのでした。

観音堂と枝垂桜

江戸時代、山全体が東叡山寛永寺の境内だったことは有名ですが、それだけではありません。
明治維新の時にはここが戦場となり、たくさんの血が流れたのです。
いわゆる「上野戦争」です。

これは、そのとき散った彰義隊の慰霊碑です。

彰義隊慰霊碑


坂口安吾さんではありませんが、ひょっとすると、その時流されたたくさんの血が、これだけの桜をみごとに咲かせている。…のかもしれません。
(安吾さんによれば、東京大空襲の犠牲者も上野のお山で火葬されたとか)
タナトス(死の本能)の存在は、エロス(性と生の本能)を一層輝かせるのです。

上野の桜は満開だ

明治という新しい時代も、たくさんの犠牲者たちを「祟り神」として祀ることで、平和と繁栄を祈ったのでしょう。
(梅原猛先生の『隠された十字架』の受け売りというか、勝手な応用です)


そういえば、このお方も、近代化の犠牲者と言えるかもしれません。

上野の西郷さん

西郷さんも、彰義隊も、新撰組も、白虎隊も、旧き善き「Last Samurai」たちはみな祀られ、今や「守り神」として日本の春を見守っているのではないでしょうか。

そういえば、上野の花見客って、あれだけたくさん繰り出して酒をかっくらっている割には、「事故」が少ないと思いません?
これはきっと、英霊たちが見守っているんですよ。花の陰から。
スポンサーサイト
line
ボク、だ~れだ?

妖精のお供

エッヘン。「春の妖精」さまのお供なのだ。

春の妖精

ほ~らね。
ぼくらが今住んでいるデパートの隣も桜が満開。
だって、聖蹟桜ヶ丘っていうくらいだから。

京王百貨店の隣の桜

…というわけで、タカ爺も東京の花見へ出発。

青山墓地の桜01

まずは、青山墓地の桜
子供の頃は、よくここの桜を観に来たものです。

昔に比べると、桜の樹も歳を取ってしまいました。
年々、古い樹が減っていくようで、寂しい限りです。

青山墓地の桜02

でも、まだまだ元気。
年に一度のお祭りです。

青山墓地の桜03

他のお花たちも、艶やかに、色を添えます。

青山墓地のお花

青空に春の陽射し…
ここもまた「プチ天国」?!

青山墓地の桜05

ネコものんびり、お昼寝。

青山墓地のネコ

ちょっと移動すれば、神宮外苑でも桜がお出迎え。

外苑の桜01

枝垂桜も増えました。

外苑の枝垂桜01

妖精が隠れるのに、もってこいです。

外苑の枝垂れ桜02

首都高の入り口にも、枝垂桜が。

外苑高速入り口近くの枝垂れ桜

池の向こうには染井吉野が。
ここは多摩中央公園です。

多摩中央公園の桜01

そこで突然、噴水が噴出して。
ハトもキョトン。

桜と噴水とハト

噴水を見たタカ爺もトイレに行きたくなりました。

京王百貨店のトイレ01

京王百貨店(聖蹟桜ヶ丘店)のトイレは素敵です。
階ごとにデザインが凝っていて、ここはロックンロールカフェ風。

おや? こんなところにも…。

春の妖精さん02

春の妖精さんが隠れていました。

春の妖精さん03

と、とにかく、トイレに!

ああ、すっきり。日本晴れだ。

大塚公園の桜
line
府中市郷土の杜の梅001

梅の香りはお好きですか?
私も大好きです。

どこからともなく、風に乗って香りがやって来て…。
お花を見つけると、これまた嬉しい。
なんだか、二重にトクをしたような…。

郷土の杜の梅002

まるで、「プチ天国」にトリップしたような幸せです。
ホントは写真なんか撮ってる場合じゃないのかもしれませんが、あまりに幸せなもので誰かに知らせたくなってしまいます。

郷土の杜の梅003

場所も時代も、どうでも良くなってしまう。

見慣れたヒヨドリも、梅の香に誘われて、どこから来たのやら。
眼と眼が合って、一瞬、種を超えた共感の糸で結ばれます。

梅にヒヨドリ

ところがヒヨドリさん、機嫌が悪かったのか、誰かの陰口が聞こえたのか、
「メジロじゃなくてごめんよ」
と、捨て台詞を残して飛んで行ってしまいました。

祇園にでも飛んで行ったのでしょうか?

祇園の梅

でも、祇園の白川には、カラスが魚を捕っていて、あまり長居はできなかったとか…。

白川のカラス

そういえば、同志社のチャペルでも、梅が香っていましたっけ。
今出川までひとっ飛び。

同志社大チャペルの梅

ところで、同志社大といえば「新島八重」さん。
NHK大河『八重の桜』の高視聴率で、可愛いキャラクターまで駅でお出迎え。

八重さん

桜?
おっと、いけねえ!
今日のテーマは「梅」じゃあござんせんか。

郷土の杜の枝垂れ梅

枝垂れ梅なんてのも、また「プチ天国」。
梅には青空がよく似合う。

郷土の杜の梅004

平和な日常もまたよく似合う。

郷土の杜の梅林

あまりの天国ぶり?に、虹まで出て、大サービス。

府中の森 噴水の虹

あ、そうそう、忘れてた。
「府中の森」っていいところです。
line
line

line
プロフィール

タカじいさん

Author:タカじいさん
富田 隆(トミタ タカシ)64歳

出身地:東京の青山
居住地:多摩センターのあたり
趣味:謎を解くこと・美しいものに溺れること

東京稲城市の駒沢女子大学で心理学やってます。
テレビや雑誌などにも顔を出します。

【駒沢女子大】【浅井企画】へのリンク(あちら →→)

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
02 | 2013/03 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。